研究開発

HOME > 研究開発 > 研究紹介

研究紹介

石灰・ドロマイトは、製鉄やセメントをはじめとして、化学、土木建築、食品、医薬品等の各種産業分野で幅広く使用されており、私たちの生活に欠くことの出来ない重要な資源であります。
当社ではお客様からのご要望やお問い合わせに応じて、石灰・ドロマイトを中心とした様々な研究により、新しい製品を開発しております。

水酸化ドロマイトを用いた酸性ガス除去剤の開発

ゴミ焼却施設で発生する酸性ガスの除去には高反応性消石灰が使用されており、水酸化ドロマイトの使用例はない。そこで、高反応性消石灰と同様の条件で水酸化ドロマイトを作製し酸性ガス除去試験を行った。なお、酸性ガスはHCl:1,000 ppm、SO2:100 ppm、N2:Balance、水分:20%として反応温度170℃で試料と反応させた。試験結果を以下に示す。水酸化ドロマイトの酸性ガス除去性能は高反応性消石灰以上で酸性ガス除去剤として有効であり、実用化に向けて検討中である。本研究は日本大学との共同研究である。

HCl除去試験の結果

SO2除去試験の結果

高気孔率・低熱膨張性セラミックスフィルターの開発

ゼオライトABWの棒状異方性粒子を出発原料とし、β-ユークリプタイト多孔体を作製した。得られた多孔体は、気孔率が70%以上であり、熱膨張係数は10-6[1/K]オーダーと非常に小さいことから、フィルター材料等に好適であった。本研究は栃木県、足利工業大学との共同研究成果である。

β-ユークリプタイト多孔体及びそのFE-SEM写真

ナノサイズ酸化セリウム分散ゼオライトを用いた板状紫外線遮蔽材の開発

板状形態のゼオライト粒子内に、紫外線吸収能を有する酸化セリウムナノ粒子を均一分散させた、板状紫外線遮蔽材を開発した。化粧品用途等への応用展開を検討中である。

ナノサイズ酸化セリウム分散ゼオライトのSEM写真

ナノサイズ酸化セリウム分散ゼオライトのTEM写真

本研究成果の一部は,独立行政法人科学技術振興機構 研究成果展開事業 A-STEP フィージビリティスタディ シーズ顕在化タイプにより実施されたものである。



主な社外発表

日本水環境学会

『水酸化ドロマイトによる酸性廃水中和時のスラッジ削減』(2015年)

無機マテリアル学会講演大会

『焼成ドロマイトの初期水和挙動』(2016年)
『酸性廃水中和への水酸化ドロマイトの適用』(2015年)
『水酸化ドロマイト系処理剤による有害物不溶化』(2015年)
『ドロマイト系処理剤による廃水処理』(2014年)
『水酸化ドロマイトの酸性ガス除去性能』(2013年)
『アロフェンを原料とするK型ゼオライトの合成とセシウムイオン交換特性』(2012年)
『ドロマイト焼成物による排水中の有害成分除去』(2011年)
『Tb3+イオン交換ゼオライトの発光特性に及ぼす粒径の影響』(2011年)
『ドロマイト焼成物による排水中の有害成分除去(その2)』(2011年)

全国都市清掃研究・事例発表会

『水酸化ドロマイト系酸性ガス処理剤によるコスト削減』(2016年)
『水酸化ドロマイトの酸性ガス除去性能』(2015年)

地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会

『ドロマイト系処理剤による有害元素不溶化処理』(2014年)

土木学会論文集G(環境)Vol. 70(2014) No. 4

『半焼成ドロマイトを用いた掘削ずりからのヒ素溶出低減』(2014年)

日本石灰協会石灰工業技術大会

『ドロマイト系環境修復材料の開発』(2014年)
『直近の電力削減活動と成果』(2012年)
『ロータリーキルンにおけるコーティング除去作業の改善』(2011年)

廃棄物資源循環学会研究発表会

『水酸化ドロマイトの酸性ガス除去性能』(2013年)

The International Symposium on Inorganic and Environmental Materials 2013

『Insolubilization of Harmful Element with Dolomite-Based Material』(2013年)

紙パルプ研究発表会

『ドロマイト系材料による有害元素不溶化処理』(2012年)

資源・素材学会

『ドロマイト系材料による環境修復技術』(2016年)




研究開発

新たな機能・用途を発現させた高付加価値商品を開発しております。

品質・環境活動

厳しい品質管理を行う一方、環境に配慮した生産活動を行っています。

製品ラインナップ

当社製品ラインナップを用途別、分類別にご紹介いたします。