企業情報

HOME > 企業情報 > 事業所一覧 > 鉱山・保有設備

鉱山(採鉱部)

 大叶鉱山


  • 葛生地区地質鉱床図
  • 「石灰の町葛生」と言われるとおり、栃木県の南西部にある佐野市葛生地区には、古生代ペルム紀に属する日本有数で良質な石灰石、ドロマイト鉱床が半円状に広く分布しています。
    当社はその富鉱部を保有し、埋蔵鉱量10億トン以上を確保しています。三峰地区・簑輪・大叶・富士、それぞれの鉱区を保有し、石灰石・ドロマイトの採掘、破砕、選鉱をしております。
    採掘法はベンチカット法(階段採掘法)を採用しています。
    採掘された鉱石は、一次破砕され、ベルトコンベア、電気機関車により選鉱場に運搬され、鉱種別、用途に応じて水洗、破砕、整粒されます。

操業系統断面図



  •  三峰地区


    栃木市、佐野市と鹿沼市にまたがる標高605mの三峰山は、地元では鍋をかぶせた形をしているところから、「鍋山」と呼ばれています。この三峰山は葛生地区鉱床の中心に位置しており埋蔵鉱量も豊富にあります。
    当社の三峰地区ではこの三峰山山頂から南西に広がる範囲を採掘しており、埋蔵鉱量が約10億トン、面積は約240ヘクタールで東京ドームの51倍の広さです。
    当社大叶鉱山全体で年間約230万トンを出鉱していますが、その7割を三峰地区から出しております。この三峰地区では、1974年(昭和49年)から本格的な出鉱を開始し、2008年12月に累計8千万トンの出鉱を達成いたしました。




  •  本山地区


    本山係は葛生工場の北東に位置し、石灰石・ドロマイトを破砕、選鉱しています。
    三峰地区から輸送された鉱石を、簑輪中間貯鉱槽で電気機関車に積み込み選鉱場に供給するまでの運搬と、供給された鉱石の破砕及び選鉱と、できあがった製品を出荷するための積込を行っています。




  •  上築地地区


    上築地係は葛生工場から南東約700mに位置し、下部石灰岩を採掘、月産約5万トンの砕石を生産しています。




  •  嘉多山公園(当社発祥の地)


    当社大叶鉱山が鉱山として「鉱山保安法」の適用を受けたのが1951年(昭和26年)です。操業は1873年(明治6年)から行っており、操業を始めたのは現葛生工場から500m程南下した片山という場所です。
    現在では嘉多山公園として整備され、多くの人の憩いの場になっております。





ページの先頭へ

保有設備(製造部)




  •  葛生工場


    石灰石、ドロマイト原石をベースに焼成・消化・粉砕・混合・造粒等の加工をし、生石灰・消石灰・軽焼ドロマイト・タンカル・炭酸苦土石灰等々、ユーザーのニーズに合った製品を厳格な品質管理のもと生産しております。

  1. 焼成設備

    グレートプレヒータ付ロータリーキルン: 2基

  2.  

    メルツ式シャフトキルン:2基

  1. 消化設備

    消石灰設備: 1基
    高反応性消石灰設備: 1式
    水酸化ドロマイト設備: 1式

  2. タンカル設備

    ローラーミル: 1基
    顆粒成形設備:2系列
    造粒設備  : 1式

  1. 複合剤設備

    ローラーミル: 1基
    ブリケットマシン: 1基
    混合機: 3基



ページの先頭へ

研究開発

新たな機能・用途を発現させた高付加価値商品を開発しております。

品質・環境活動

厳しい品質管理を行う一方、環境に配慮した生産活動を行っています。

製品ラインナップ

当社製品ラインナップを用途別、分類別にご紹介いたします。